羽田航路変更による都心低空飛行について

羽田空港の増便に向けて、常盤台上空が下降航路になる航路変更が計画されています。

増便割合がそれほど大きくない一方で、住宅街・繁華街・高層ビル街の上空をあえて低空飛行することにより、騒音や落下物、事故の危険性が生じるのは必至です。国土交通省の説明会や市民集会の開催、メディア報道もありましたが、まだ知らない都民も多く、専門家も意見が分かれ、議論が進んでいません。

2019/7/19(金)夜に、大井町で航空評論家をお呼びするシンポジウムが開催されます。是非お誘いあわせの上、ご参加ください。

https://ameblo.jp/haneda2019symposium/entry-12488174718.html

常盤台について

会の活動について